×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Kindleで本の販売を始めました。iPhoneやAndroidでも読めます
         


Millennium Larentia Chronicle of GoldenAge2-1 双子と御曹司
 
太古の長命の種族の系譜を二重に受けた双子たちは《奇跡の双子》と呼ばれていた。
女王の即位50周年式典に列席した双子は、ともに育った兄同然のカラークの複雑な生い立ちに同情を寄せる。

そこに家系自慢の問題児が遊学してきて、方々で騒動を起こし、いやおうなく彼らも巻きこまれるが……。


一方、生後一年で空を飛んだレストールは、首都で一年間ふつうに暮らしてみろという厳命を受け、双子たちのもとにやってきた。

天衣無縫の彼はまた別の騒動を巻きおこす。


《Chronicle of GoldenAge》黄金期の年代記の第二世代編一巻『双子と御曹司』です。

『守護の翼、黄金の檻』『真昼の陽光、宵の薄闇』『鷹と湖の宴』『曇りなき光の影』『ふたつの世界』と続いた第一世代の子供たちの物語です。

守護天使の系譜を受けついだ双子たちを中心に、マルカンド大公の子息たちが巻きおこす騒動と、首都で暮らすことになった女王の末息子の話をまじえ、1050年から1053年までのエピソードを収録してます。

前世代と第一世代のつながりも楽しめます。
連作シリーズものですが、この巻からでも読めますし、続けて読んでいただけると年代記としてより楽しめます。
地図・家系図・人名地名事典つき

《Chronicle of GoldenAge》と呼んでいる物語は、1000年代から1200年代の王国の繁栄の年代記を描いたものです。
200年にわたるざっと五世代(本編はゼロ世代と設定し、次の世代が第一世代です)の話を構想中。



Kindle
 





Images