×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


Kindleで本の販売を始めました。iPhoneやAndroidでも読めます
         


Millennium Larentia  Chronicle of GoldenAge
 

黄金神像をまつるランディス市に向かう途中、一行は空の光景を知る謎の人物と出会う。


長命族の森で育ったというその人物は、求めてやまなかった消息をもたらす。

空を飛ぶ者しか行き着けない高地で見たものは……。
さまよう道化師との決着は……。


Chronicle of GoldenAge《黄金期の年代記》の開幕編となる『神々の果ての扉』の下巻です。
神々の時代の終焉と人間の時代の始まりのエピソード。
シリーズものですが、この巻からでも読めますし、続けて読んでいただけると年代記としてより楽しめます。
Millennium Larentia本編五部作『黄金の守護者』、『赤い月の神殿』、『薄闇の女王』、『蒼き炎の名』、『覇者の王国』の三年後の物語で、本編の第六巻の位置づけにもなります。
本編の主要キャラも成長したり、変貌したりして登場します。

地図・人名事典つき

《Chronicle of GoldenAge》と呼んでいる物語は、1000年代から1200年代の王国の繁栄の年代記を描いたものです。
200年にわたるざっと五世代(本編はゼロ世代と設定し、次の世代が第一世代です)の話を構想中。




Kindle
 





Images