★Kindleで本の販売を始めました。iPhoneやAndroidでも読めます


Millennium Larentia  本編前史『未踏の道』 キリヤ編
 
七国に名をとどろかせた魔族の一族は、彼ひとりから始まった。
金と銀の眼を持ち、魔族として最高の力を持った彼は全島の女王の骨を手にしてから、千年前の王国を再興する夢にとりつかれる。
魅力にあふれていた彼はまた、各国の
高貴な女性たちに熱愛され、王家の血筋をひく息子たちを次々ともうけた。
稀代の魔族の首領の一代記であり、本編の前史にあたる外伝です。

最初の生い立ち部分と最終章だけはキリヤ本人の一人称的三人称で語り、二章以降はアルディス、ガラティア、ハーラ、サシャなど関わった人物の視点から描いてます。

第一章 魔族の名  ―― キリヤ 932年〜955年
第二章 女王の旅路 ―― アルディス 950年〜968年
第三章 薄幸の幸福 ―― ガラティア 953年〜960年
第四章 王位簒奪者 ―― ハーラ 950年〜975年
第五章 湖の公子   ―― サシャ 963年〜967年
第六章 宴の終わり ―― タイタニア 960年〜970年
第七章 果樹の実り ―― ナナ 963年〜976年
第八章 天の妃   ―― マウリリサ 974年〜980年 
第九章 予言の真実―― キリヤ 968年〜979年





Kindle
 






Images